本の森

出版・編集・企画:杜の都仙台の出版社「本の森」ホームページ

ホーム | ジャンル別索引 | ご注文 | 原稿募集 | リンク | ブログ

ゆりかごのヤマト王朝[第三部] ゆりかごのヤマト王朝
封印されたヤマトとエミシの戦い
[第三部]道嶋一族の巻


千城 央著
定価(本体1000円+税)
ISBN978-4-904184-29-5
古代東北を舞台にした壮大な歴史ロマンシリーズの第三弾。

上総国に暮らす百済からの移住者、丸子部(わにこべ)一族は、確かな武術と操船の腕を持つ海人であった。 北方の鎮護強化とエミシ平定を目論む朝廷は、この丸子部一族に白羽の矢を立て、奥州への移住を命じる。 選ばれて奥州に向かったのは、丸子部大国(おおくに)以下10人の若者であった。

大国は国府多賀城の津(港)が築かれた千賀浦(塩竃)に居を構える。だが、それは先住民である海道のエミシ盛(もうり)党、山道のエミシ照井党との間で繰り広げられた百年に及ぶ抗争の始まりであった。
奥州涌谷での黄金の発見と東大寺の大仏建立、征夷軍とエミシ軍の激突、軍神坂上田村麻呂の登場まで、丸子部、丸子、牡鹿、道嶋と名前を変えながら歴史に翻弄されていった流浪の一族を描く。

[目次]
上総から陸奥へ/牡鹿の攻防/黄金の献上/憧過の舎人/武人の栄誉/伊治城の造営/朝貢の変幻/弔い合戦

■千城 央(ちぎ・ひさし)
本名・佐藤明男。1946年宮城県生まれ。1969年山形大学文理学部卒業後宮城県庁に入庁。 1989年東北自治研修所講師、宮城県公務研修所教授。現在、宮城県図書館長。多賀城市在住。

■主な著書

ゆりかごのヤマト王朝[第一部]ゆりかごのヤマト王朝 [第一部]照井党の巻
ゆりかごのヤマト王朝[第二部]ゆりかごのヤマト王朝 [第二部]盛党の巻
ゆりかごのヤマト王朝[第四部]ゆりかごのヤマト王朝 [第四部]坂上父子の巻
『地方分権事始め』『新たな地方法人課税の実現に向けて』『地方交付税制度をどう見直すか』『史上最大の借金行政脱出作戦 自治体経営の成果と課題』など。