本の森

出版・編集・企画:杜の都仙台の出版社「本の森」ホームページ

ホーム | ジャンル別索引 | ご注文 | 原稿募集 | リンク | ブログ

紅葉 【お知らせ】

■2017年1月よりTwitter始めました→本の森仙台 Honnomoriよろしくお願いします。

自由人物理 自由人物理
波動論 量子力学 原論
新刊

西村 肇著(東京大学名誉教授)
定価(本体3518円+税)
ISBN978-4-904184-91-2
20世紀最大の人災・水俣病の原因と因果関係を科学的に追究した 『水俣病の科学』(毎日出版文化賞受賞)の著者がたどり着いた新しい化学結合論とは?
自由人の発想が現代物理の混迷と謎を解明する。A5判、420頁

【目次】
出発インタビュー なぜ自由人物理なのか

■第一部
I.Newtonの偉大と英国物理の死 大陸物理の自由と花開いたEuler
II.学問的総合としてのLagrange力学
III.場の物理学としてのMaxwell電磁気学
IV.古典力学の総合Hamilton力学
分水嶺 Planck「量子発見」の見直し

■第二部
混迷を見透かす「物理派」眼鏡
V.言葉で考える物理学de Broglie (ドブロイ)
VI.量子力学最高位のHeisenbergを見直す
VII.Schrödinger波動方程式とSchrödinger
VIII.見えて来た現代物理の骨格と本質
電子こまスピンモデルを見直す新モデルの提案
化学と物理の断絶なくす新理論

■第三部
自由人物理の歴史と実績

ラオコーンの情景 ラオコーンの情景 新刊

栗野 中虫著
定価(本体1000円+税)
ISBN978-4-904184-93-6
都会の郊外に住む普通の大学生と専門学校生カップル、自動車販売会社に勤務する正義感あふれる営業マン、 おしゃれなラーメン店を営むフランス人夫と日本人妻、一代で大企業の会長に上り詰めた創業経営者・・・。
それぞれの過去や生き方が錯綜しながら、自らを振り返り、人生の目的や未来への扉が徐々に開かれてゆく。

『グッド・オールド・デイズ』に続く青春小説の第二弾!

月を流さず 月を流さず
和尚の語り草
新刊

早坂 文明著(山元町徳本寺住職)
定価(本体1500円+税)
ISBN978-4-904184-89-9
和尚の語り草 山元町の徳本寺住職・早坂文明さんのテレホン法話ライブの記録。

カンボジア内戦後の復興にボランティアとして参加し、
東日本大震災で被災した地域の復興と、
巨大津波で流出した徳泉寺の再建勧進に東奔西走する住職の奮闘記。B5判横型142頁

Earth Remodeling Plans Earth Remodeling Plans for Tomorrow's Home
−Possibly Eternal Peace of East Asia in the Global Warming Era−


(未来のための地球再構築プラン −地球温暖化時代における東アジアの恒久平和の可能性−)

江刺 洋司著
定価(本体1500円+税)
ISBN978-4-904184-87-5
※英語版(本文は全て英語です)

深刻な気候変動や海面上昇をもたらす温室効果ガス。その排出量の上位5ヵ国が中国、米国、インド、ロシア、日本の順である。
世界全体の排出量に占める割合は、これら上位5ヵ国だけでおよそ6割に達し、中でも中国だけで全体の4分の1以上となっている。
これらの国の中でも13億人を超える巨大な人口を抱える中国では、内陸部の乾燥化と水不足が年々深刻になっており、 それが将来的な東アジア地域の不安定化につながる恐れもある。

こうした事態を回避するための地球再構築プランが水資源の豊富な日本から中国大陸への海底パイプラインによる真水の供給と、資源に乏しい日本への中国からのエネルギー供給だ。
さらに黒海から運河でカスピ海及びアラル海を繋ぎ、干上がりつつある中央アジアに海水を注ぎ込むことで、 中国内陸部の砂漠化に歯止めをかける計画など、地球規模での再構築を著者は提案する。
中国と日本が水とエネルギーを融通し合う互恵関係が、将来的な東アジア地域の平和と安定化につながると提言する。

野鳥と遊ぶ愉しみ [写真集]野鳥と遊ぶ愉しみ
仙台の小さな庭で


写真・文:花島政三郎(宮城教育大、宮城学院女子大等で教鞭を執る)
定価(本体1600円+税)
ISBN978-4-904184-86-8
野鳥と遊ぶ愉しみ2 メジロ、ウグイス、スズメ、ジョウビタキ・・・かわいらしい人形や木彫品の置物など、ヨーロッパ旅行のお土産をステージの小道具にして、季節ごとの色鮮やかな花々を飾ってみる。 そこにヒマワリの種や落花生、果物などの餌を置くと、さまざまな野鳥たちがやって来る。
庭はステージ、ゲストは野鳥たち。
少々意地悪だが、時にはガラスコップの底に餌を入れれば、野鳥たちは中を覗き込んだり、必死に首を突っ込んで餌を取ろうとする。 その仕草が何とも愛らしい。魔女の人形を吊るしての「競演」は、まるでおとぎ話の世界のようだ。
自宅の庭で撮影したとは思えない、不思議なメルヘンの世界が楽しめる一冊!(オールカラー172頁)
野鳥と遊ぶ3 野鳥と遊ぶ4

バナー