本の森

出版・編集・企画:杜の都仙台の出版社「本の森」ホームページ

ホーム | ジャンル別索引 | ご注文 | 原稿募集 | リンク | ブログ

一歩先へ二歩先へ 一歩先へ 二歩先へ
3・11 その先へ


早坂 文明(山元町徳本寺住職)著
定価(本体1000円+税)
ISBN978-4-904184-61-5
小さな歩みを止めないでください。
復興への遅々とした歩みのなか、被災者に寄り添うテレフォン法話は、途切れることなく発信を続けています。

宮城県山元町の曹洞宗徳本寺住職のテレフォン法話が、本になりました!

[目次]

【第一章 テレフォン法話で語り継ぐ東日本大震災 復興編】
巳と己/千年塔/3.11その先へ/宗教意識/慈悲というランドセル/方言/ケンバヤ/お盆とイノシシ/苦節九年/津波の碑/被災地の星/ずぼら/ 土を動かす/共に前へ/巡るもの/春告げ鳥/津波に耐えた大樹/功の多少 彼の来処/鍬を挿む人/仏壇と畳/五輪/復興笑/臘月/除夜の鐘/二分二〇秒

【第二章 ここにお寺を建てるがよい】
津波で変わり果てた町/自己保つため日常徹底/千年後によみがえって/伝え続ける責任果たす/恩刻む石さえ流されて/ 公的資金に心があれば/遺族も仏になっている/天から降りてきた言葉/津波は奪い 電波は運ぶ/さびない心の拠り所に/叡尊の「慈悲」の心持ち/一心本尊に一文字託す

【第三章 明日への対話】
○活字を読むことは自分が生きていくことにつながる
対話者:橋本真由美(ブックオフコーポレーション取締役相談役)

○東北と縁を育む「支援」の心で
対話者:やなせ なな(浄土真宗本願寺派教恩寺住職・シンガー・ソングライター)

■早坂 文明(はやさか・ぶんめい)
1950年、宮城県山元町に生まれる。駒沢大学仏教学部卒業。
大本山總持寺にて修行。徳本寺25代目の住職。 徳本寺の末寺である徳泉寺(宮城県亘理郡山元町笠野)の住職も兼務。

■主な著書

千話一話千話一話 三・一一その先へ