本の森

出版・編集・企画:杜の都仙台の出版社「本の森」ホームページ

ホーム | ジャンル別索引 | ご注文 | 原稿募集 | リンク | ブログ

白い花 【お知らせ】

■2017年1月下旬よりTwitter始めました→本の森仙台 Honnomoriよろしくお願いします。

■2016年9月、ホームページのアドレスが変わりました。
新URLはhttp://honnomori-sendai.cool.coocan.jpです。
ブックマークの変更等よろしくお願いします。

Earth Remodeling Plans Earth Remodeling Plans for Tomorrow's Home
−Possibly Eternal Peace of East Asia in the Global Warming Era−
新刊

(未来のための地球再構築プラン −地球温暖化時代における東アジアの恒久平和の可能性−)

江刺 洋司著
定価(本体1500円+税)
ISBN978-4-904184-87-5
※英語版(本文は全て英語です)

深刻な気候変動や海面上昇をもたらす温室効果ガス。その排出量の上位5ヵ国が中国、米国、インド、ロシア、日本の順である。
世界全体の排出量に占める割合は、これら上位5ヵ国だけでおよそ6割に達し、中でも中国だけで全体の4分の1以上となっている。
これらの国の中でも13億人を超える巨大な人口を抱える中国では、内陸部の乾燥化と水不足が年々深刻になっており、 それが将来的な東アジア地域の不安定化につながる恐れもある。

こうした事態を回避するための地球再構築プランが水資源の豊富な日本から中国大陸への海底パイプラインによる真水の供給と、資源に乏しい日本への中国からのエネルギー供給だ。
さらに黒海から運河でカスピ海及びアラル海を繋ぎ、干上がりつつある中央アジアに海水を注ぎ込むことで、 中国内陸部の砂漠化に歯止めをかける計画など、地球規模での再構築を著者は提案する。
中国と日本が水とエネルギーを融通し合う互恵関係が、将来的な東アジア地域の平和と安定化につながると提言する。

野鳥と遊ぶ愉しみ [写真集]野鳥と遊ぶ愉しみ
仙台の小さな庭で


写真・文:花島政三郎(宮城教育大、宮城学院女子大等で教鞭を執る)
定価(本体1600円+税)
ISBN978-4-904184-86-8
野鳥と遊ぶ愉しみ2 メジロ、ウグイス、スズメ、ジョウビタキ・・・かわいらしい人形や木彫品の置物など、ヨーロッパ旅行のお土産をステージの小道具にして、季節ごとの色鮮やかな花々を飾ってみる。 そこにヒマワリの種や落花生、果物などの餌を置くと、さまざまな野鳥たちがやって来る。
庭はステージ、ゲストは野鳥たち。
少々意地悪だが、時にはガラスコップの底に餌を入れれば、野鳥たちは中を覗き込んだり、必死に首を突っ込んで餌を取ろうとする。 その仕草が何とも愛らしい。魔女の人形を吊るしての「競演」は、まるでおとぎ話の世界のようだ。
自宅の庭で撮影したとは思えない、不思議なメルヘンの世界が楽しめる一冊!(オールカラー172頁)
野鳥と遊ぶ3 野鳥と遊ぶ4

だまされない東北人のために だまされない東北人のために
地域おこしにニセ物はノー!


千坂 げんぽう編著
定価(本体1250円+税)
ISBN978-4-904184-85-1
偽書「東日流外三郡誌」(つがるそとさんぐんし)などに見られる荒唐無稽な歴史に騙されないためには何が必要かなど、 ニセ物への対処法、オカルト歴史に利用されやすい北上川流域の伝説や地名、ルーツ論争のある舞草刀(一関博物館蔵)の誕生などを紹介。

さとやま民主主義 さとやま民主主義
生き生き輝くために


千坂 げんぽう著
定価(本体1528円+税)
ISBN978-4-904184-84-4
岩手県一関市の中山間地で、生物の多様性維持を実践する著者は、今から18年前に日本で初めての「樹木葬」を始めた第一人者。 北上川の支流一帯を「久保川イーハトーブ世界」と名付け、荒廃した里地里山の保全活動に取り組んでいる。
「地域に対する想いを持続させる」「大きな社会的動きにも目を向けてローカルでの生き方を考える」など、 宗教者の視点からこれからの地域づくりに何が必要かを提言する。

水の音 水の音

宇津志 勇三著
定価(本体1389円+税)
ISBN978-4-904184-83-7
本書に所収された四作とも、希望や再生、創造的復興などという浮ついた言葉では語れない、 災後を生きる者の真情がこもっている。作家・佐伯一麦(序より)

−俺はあの家から何も持って来る物はない。
憲二が腹立たしく思い続けている、修一の言葉が揺れながら陰画のように現れたと思ったき、その言葉が反転した。
景色が変わった。靄が晴れ、実家の庭木や家がはっきりと見え、物置の屋根を透かして、 修一の庭の道具、梅干の瓶、梅干の大笊が見えたように思った。そのとき、憲二は修一の目になって見ている自分に気が付いた。
家を継ぐ者はいなかったが、やはりあの地は故郷だ。原発被災、除染で姿形は歪んだが、愛おしいことに変わりはない。 あそこのものは俺のこころの中にあのまましてあるんだ。(「水の音」より)
作者の実体験に基づく私小説。

バナー